2008年07月12日

TATのキャディの話

TATのゴルフ場に行ってきました。
新しく弁護士が社長になったそうです。
先週の月例会で、メンバーの人からいろいろと質問が出ていました。
『新しい社長ってどういう人なんですか?』そんな質問。
支配人の回答は、いまひとつ要領を得ません。
『これから、地主と交渉をするのに、弁護士がいたほうがいいという配慮かどうか・・・とにかくオーナーのお気に入りです。』
どういう意味なんでしょう?

今日のゴルフで、メンバーとゲストの皆さんへ・・・と題するレターがカウンターにおいてありました。
新しい社長のサインがしてあります。
どうやら、ただのお飾り社長では、本人が納得しなかったようですね。
わけのわからないことが書いてあります。
まず、キャディのリクエストはできなくなります。
これまでは、気に入ったキャディがいるとバッグを下ろすところで、名前や番号をいうとその子がバッグを担いでくれというシステムでした。
さらに、キャディフィーは、スターターのアシスタントにラウンド前に支払うといいます。
チップは直接キャディに渡してもいいということです。
たぶん、キャディフィーを払わないで帰っちゃう人がいるんでしょうね。

それにしても、なんだか・・・・
メンバーの人も怒っていたようですが、フロントの長くいる叔母さんも困っていました。
『新しい社長が決めたことだから・・・』と困り顔です。

カウンターにおいてあったレターのあて先の『すべてのメンバー及びゲストの皆さんに』というのにちょっとだけ付け加えておきました。
すべての・・・とメンバーの間に、OO人のと付け加えて丸で囲んでおきました。
『ようするにこういうことなんだろう?』というとフロントのおばさんが笑っていました。
わたしがいたずらしたレターがそのままカウンターにおいてあったような気がします。
まぁ、いいですけど・・・。

もともとこのゴルフ場がオープンしたときには、キャディはゴルフ場の社員でした。
キャディフィーも金額を書いたカードをキャディに渡して、フロントで最後にキャディフィーを払うようなシステムでした。
ところが、社員ですと最低賃金を払わなければなりませんし、税金や社会保険料の問題もあります。
そんなわけで、キャディは社員ではなくなったのです。
そのころから、キャディフィーはキャディに直接渡すようになりました。
プレーヤーとキャディの直接契約関係になったわけです。

そんなわけですから、キャディを選ぶということもありなわけです。
クラブはここには口を出さないというのがそのころからの姿勢になったというわけです。
今回、ここには手をつけずに指名だけを禁止するということになりました。
さらにクラブが集金するということです。
法的には問題があるような気がしますけど、どうなんでしょう?
弁護士さんの決めたことだから、法的に何も問題がないということはありません。

いつまでこんな馬鹿なことをするつもりなんでしょうね?
ちなみに新しいシステムは、14日の月曜日からのスタートだそうです。

困ったもんですね。。。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

フィリピンコブラとの遭遇

暑い日が続いています。

そろそろゴルフのラウンドがきつくなってきました。
最近は、タオルを2本持っていくことにしています。
ハーフの途中でタオルがびしょびしょになってしまうのです。
汗っかきなほうであることは間違いないのですが、ほかの人もそう変わりはないと思います。

来週は月曜日が休日になります。
日曜日に月例会に参加するのですが、昨日『月曜日にゴルフしようよ!』というお誘いがあり、行くことになってしまいました。
結局、また連荘ゴルフです。
こりないやっちゃ・・・。

というわけで、今日はゴルフの話をひとつ。

フィリピンにはコブラが生息しています。
フィリピンコブラというやつです。
ゴルフ場は水辺が多く、茂みもありますので蛇が生息するには絶好の場所です。
私のメンバーコースなど、池と池を渡ろうとした大きなガマガエルがよくフェアウェーの真ん中で力尽きて干からびていますので、えさも十分あるはずです。
ところが、ラウンドの最中に蛇に遭遇するということはめったにありません。
やつらも臆病だし、昼間は暑いので物陰にじっと潜んでいるということでしょうか?

ちょっと前の話です。
まだ元気だった頃で、一日2ラウンド平気でした。
汗のせいで、またずれが起きるのを防ぐために1ラウンド終わった後で風呂に入り着替えて食事をして、もう1ラウンドに出かけていくというようなきちがいじみた所業に及んでいたことがありました。

ある日のことです。
いつものように2ラウンド目に入りました。
インからのスタートで9ホールを終えて、そのままアウトの一番に・・・。
この日は混んでいたのか、スタートが遅かったのか、このときすでに残り9ホールをラウンドできるか怪しい時間になっていました。

5番ホールを過ぎたところに茶店があります。
茶店で休んでいるときに、『もうそろそろやめようか?』という話になりました。
33ホール終えたところです。
夕焼けがきれいな時間で、いいとこあと1ホールで暗くなりそうな感じでした。
キャディに『やめるよ。帰ろう・・・』といって、クラブハウスに向かって歩き始めました。
もしかするともう1ホールやって、6番で終わりにしたのかも・・・。
そんな気もしないでもありません。

いずれにしてもクラブハウスに向かって歩き始めました。
4番ホールのティーグラウンドの脇に小さな池があります。
この池のほとりで、メンテナンスのにーちゃんが大きな石を拾って投げつけています。
いったん投げつけて、また拾ってそれを投げるということを繰り返していました。
(何をしているんだろう?)
不思議に思って、声をかけて近づこうとしますと『危ないからくるな!』といいます。
少し近づいてよく見ますと、2mくらいありそうな大きな蛇です。
蛇に向かって石を投げつけてダメージを与えて、もう一度拾ってぶつけるということを繰り返していたのです。
『もう大丈夫。』というので、恐る恐る近づいてみました。
コブラでした。

夕方涼しくなって、人が少なくなった頃、えさを求めて出てきたのだと思います。
コブラはたくさんいるといいますが、実際に見たのはそんなにありません。
工事現場など、整地に入る前は草がぼうぼうでいかにも蛇がいそうな感じですが、実際に出たという話はめったに聞きません。
作業員が見つけると食べてしまうといううわさも耳にしました。

メンテナンスのにーちゃんが、蛇を持ってかえっていきます。
オートバイでしたので、『後ろに乗りますか?』というので乗せてもらうことにしました。
コブラを持ったメンテナンスのにーちゃんのオートバイの後ろに私。
フェアウェーを走っていったのはとても気持ちがよかったことを覚えています。

それにしても蛇って怖いですよね。
(((p(>v<)q)))!!



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

大記録?

今日は、月曜日ですがゴルフをしてきました。
最近、娘たちがゴルフをしたいというのでいっしょに練習場に通っていました。
行けば、いくつかボールを打ちます。
そんな成果が少しずつ出てきたようです。
スコアが安定してきました。

ゴルフは飛距離ではありませんよね。

そんなことで思い出したことをひとつ。。。
まだ私が建設会社にいた頃のことです。

おなじみの業界のコンペがありました。
場所はカンルーバンの南コースです。
まだスコアよりも飛ばすのが楽しい頃でした。
入賞よりもドラコンがうれしい頃ってありますよね。

その日のドラコンは、16番。
まっすぐなパー4で、400ヤードを越えるホールです。
長い分、フェアウェーが広く、よくドラコンホールに使われていました。
ティーグラウンドがかなり上のほうにあって、かなりの打ち下ろしになります。

まだ110を切れるかどうかという時分でした。
ドライバーで思いっきり打ったボールがフェアウェー右サイドに飛んでいきました。
ドラコンを示す旗を少し超えていって、見事なドラコンです。

ここからがいけません。
残り150数ヤードを7番アイアンで打ったボールが思いっきりシャンクして右のラフへ・・・。
こうなると止まりません。
右のラフから打ったボールがもう一度シャンクして、ハザードの中へ・・・。
1ペナ払って打ったボールがさらにシャンクして・・・・。
思い出すのもつらいことです。

結局、このホール12もたたいてしまいました。
ひどい話です。
結局後ろの組からもこのドラコンを越えるショットは現れず、ドラコン賞をいただきました。
ドラコン賞をいただいて12です。

 

この頃の私のゴルフを象徴するような出来事でした。
表彰式で、ドラコンの名前を呼ばれたときに、同伴競技者が
『ところで、スコアは?』
と聞きます。
悪びれずに、胸を張って
『12です!』
と答えました。

このとき以来、ドラコンをとるたびに
『ところで、スコアは?』
としばらく聞かれていました。
<(`^´)> フンッ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 

posted by マニラのおぢさん at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

元日ゴルフ

明けましておめでとうございます。
つたないブログですが、まだまだ書き続けるつもりです。
お付き合いいただければうれしいです。

まだ建設会社に勤めていたころです。
そのころは、正月だからといって日本に帰るという雰囲気はありませんでした。
まだまだ進出している日系企業も少なく、フィリピンに残っている人のほうが多かったと思います。
正月に日本に帰るのが自然になったのは、工場進出が進んだ90年代の半ばくらいからだと思います。
工場勤務の方は正月くらい帰してくれなきゃいやだという人がほとんどでした。
ヤ○ザな建設業界とは少し違うのです。

それはさておき、クリスマストーナメントをしていたころは、お正月には元日ゴルフをしていました。
場所はカンルーバンです。

ご存知の方も多いとは思いますが、フィリピンの新年は花火と爆竹の騒音の中で明けます。
我が家もここ5年くらいは(もっとかも・・・?)日本人のお客様を招待して花火バンバン年越しパーティです。
年が明ける瞬間の午前零時を目指して、花火と爆竹の音がだんだん間隔が短くしかも大きくなってきて、年越しの瞬間にピークになります。
騒音の中で年が明けるのです。
HAPPY NEW YEAR!!!
だれかれかまわず抱き合ってハグをします。
もめている向かいの家の親父は出てきませんでしたが・・・・。

1月1日の朝は、花火の煙が残っていて薄暗く空けるのです。
ゴルフは、初日の出が上る少し前に家を出ました。
ちょうどサウススーパーハイウェーに差し掛かるあたりで東のラグナ湖の奥の山のほうから初日の出です。
ゴルフ場に向かう車の中で初日の出を拝むというのもフィリピンならではの経験かもしれませんね。
(そんな大げさなもんかい!?)
アラバンの陸橋の上からマカティを振り返るとどんよりと曇っています。
花火の煙が上空に残っているのです。
アラバンの陸橋を渡って、しばらく行くとやっと青空が見えてくるのです。
天気が悪いわけではありません。
この時期はもう乾季に入ってからっと澄んだ空が見えます。
花火の煙が邪魔しているだけなのです。

ゴルフ場について、みんなと新年の挨拶です。
旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。
誰かが持ってきたお神酒で乾杯をします。
おもむろにティーショットを打ちます。
また一年が始まるのでした。




人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ゴルフ〜昔話〜その2

それからしばらくは、所長のゴルフクラブを借りていました。
例のいわくつきのクラブです。
マクレガーのセットでした。
確か、ジャックニクラウスって書いてあったような気がします。

今のクラブと違って、アイアンなんか、すっごく薄くて、ものすごく難しそうなクラブでした。
昔は名器といわれたクラブらしく、『難しいけど、いいクラブだよ!』とよく言われた覚えがあります。

当時、よく行ったゴルフ場は、今はなきボニファシオゴルフクラブ。
陸軍基地の中にありました。
マニラゴルフの隣にあるパブリックのコースでした。
すぐそばに、海軍と空軍のゴルフ場もあって、こっちは今でもあります。

パブリックで誰でもできて、手入れはいまひとつでしたがなかなか面白いゴルフ場だったと記憶しています。
土曜日が半日勤務だったので、午後からよくやったのを覚えています。

14番か15番だったと思いますが、高台からマカティーのビルがきれいに見えて、そのビルのほうに向かってティーショットを打ちおろしていくホールがあり、すごく気持ちがよかったことを覚えています。
2番のパー5で、120ヤードくらいを8番アイアンで打って直接カップインしたことが一度ありました。
確か、それでもスコアは7くらいだったと思います。
18番ホールはすごい砲台のグリーンで、左右に外すともう乗らないっていう感じでした。
弱ければ戻ってくるし、強ければ反対側に落ちて行っちゃって、とっても苦労しました。

なつかしいなぁ・・・・

キャディーが男で、ティーショットだろうがアイアンだろうが、きれいに飛んでいくと『ナイスショットのあとはご褒美』といって、たばこをもってきてくれました。

なんか、思い出してきちゃった。

ボニファシオの陸軍基地は、90年代の初めくらいに公開入札で売却されました。
香港のディベロッパーが落札したはずです。
このときに、ゴルフ場も売却され、後にクローズされました。
今では、おしゃれなしょっぴんぐエリアになっています。

ある日、このゴルフ場で、ずっと借りっぱなしになっていたアイアンをおってしまいました。
4番アイアンだったと思います。
所長に、折れたっていう話をしたら、『それは買い取ってもらわないといかんなぁ・・・』といわれて、有無を言わさず、結局、買い取ることになってしまいました。
がめついきちんとした所長だったので、決して安い買い物ではありませんでした。
100%間違いなく、所長がママさんから買い取った値段よりは、高く買わされたものと思います。
こういうところでも抜かりなく儲ける方でした。

こうして、私はマイクラブを手にしたのでした。。。

ふらふら
posted by マニラのおぢさん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフ〜昔話

夕べは、どうしたわけかインターネットがつながらずにブログの更新ができませんでした。Y(>_<、)Y
今も、メールサーバーの調子が悪くてメールを読みにいけません。
(・_・。)) マイッタナァ

というわけで、私のゴルフ人生は始まったのですが、建設会社のゴルフには独特の癖というか習慣があります。

そうです。「にぎり」です。

私の初めてのゴルフの結果を聞いた所長は、
『148なんかで回れるはずがない!』
と激怒していました。

今思えば、私もそんなスコアで回れたはずがないと確信しています。

だってクラブを握って、打ちっぱなしに1回いっただけでコースに出たんですから・・・・。

そんなある日、所長からゴルフのお誘いを受けました。
いつものママさんのお店で飲んでいるときのことでした。
今度の日曜日にみんなでゴルフをしようという話になりました。

『ゴルフの上達法を教えてやる〜。
・・・でっかく握って、でっかく負けることだ!』

いやな予感。。。

『ハンデを40やるから1打200ペソでにぎろうや!』

断固拒否したのですが、そこは直属の上司です。
最後は伝家の宝刀・・・

『業務命令だ!』

そうです。彼は、ゴルフの握りに業務命令を発動したのです。

所長は、上司とゴルフをしたときに手でカップをふさがれて、『職権乱用だ』と抗議したら、『乱用できるくらい上がってこい』とどやされたそうです。

・・・今思うとすごい会社です。

ちなみに当時のレートは、1ペソが約7円。200ペソの握りは1,400円になる計算です。こんな高額の握りは、賭博禁止法に抵触するのかと思いますが、19年前のことですので、時効ということでお願いします。

結果は、

当然負けました。

よく覚えていないのですが、38打くらい負けたような気がします。たぶん160近く打ったように思います。私は4,000ペソしかもっていなくて(これはよく覚えている・・・不思議)、

これしかありません

といって4,000ペソで許していただきました。

所長もだいぶ気が引けていたんじゃないかと思います。

当時の私は、まだ独身で、現地でもらっていた給料は手取りで14,000ペソくらいだったと思います。
遊びまわるほうではなかったような気がしますが、それでも給料の3分の1近くを持っていかれたのは大きかった。。。

こうして私の初握りは終わったのでした。

ところで、『ぴ〜かぴか』っていう握りかた、知っていますか?グリーンにボールが乗ったときに、ボールマークが上を向いていると『ぴ〜かぴか』といって、得点になります。
ゴルフのうまい下手にまったく関係のないあふぉみたいな握りですね。

・・・建設業界恐るべし!

がく〜(落胆した顔)
posted by マニラのおぢさん at 07:17| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

最初のゴルフ

20年前にはじめてフィリピンに来たころは、『ゴルフなんてどこが面白いんだゴルフ』と思っていました。

もともと、建設会社の工事現場の事務担当者として、一工事(工期は8ヶ月)の約束だったこともあり、ゴルフをするつもりなんてさらさらありませんでした。
もっとも、当時の所長さんや本社の海外部の連中にも
『一現場で帰れるなんて思うなよ!!』
といわれていましたので、工事が終わったあともすぐに帰ろうなんてことは、ちっとも思っていませんでした。

そんなある日、所長から
『おい、ゴルフを教えてやるから靴と手袋買ってこい!』
といわれて、さっそくいってきました。
買ってかえると、
『ついてこい』というので、
ついていったらそこは練習場。

平日の真昼間でした。
・・・そんな会社でした。

練習場につくと、
そこには当時所長が付き合っていた(正確には付き合い始めた頃かもしれない)飲み屋のママさんがまっていました。
このままさん、前の日本人の彼氏に手ほどきを受けてゴルフは80台の腕前・・・。
自分で教えるのが面倒くさい所長は、彼女に私の練習を見てくれるように頼んだというわけです。

私も当時よく飲みに行っていたお店(いまの奥さんもこのお店にいた)のママさんなので、ちゃんとプロのインストラクターを紹介してくれました。

こうして2時間くらい打ちっぱなしをしたのが私のゴルフ初体験。

クラブは所長のものでした。
あとから聞いた話ですが、実はこのときのゴルフクラブは帰国したママさんの前の彼氏がおいていったもので、それを所長が買い取ったといういわくつきのものでした。
所長にしてみれば、家にもってかえるわけにもいかず(家族が一緒に来ていた)、私に押し付けたんだと思います。

それから何日かあと、ママさんのアレンジでプロと一緒に3人で初ラウンドをしました。たぶん、金曜日だったと思います。

当時、会社は工事が終わって次の工事の入札準備をしている時期で、思いっきり暇でした。

初ラウンドは、プロが適当にボールを出したりしてくれたおかげで148位置情報だったと思います。まぁ、まともに数えていたかどうかというと実に怪しい限りです。

こうして、私のゴルフ人生は始まったのでした。

わーい(嬉しい顔)
posted by マニラのおぢさん at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。