2008年05月06日

真夜中にコンドミでドラムをたたく社長 〜その2〜

昨日の夜、すごい雨が降りました。
どしゃ降りです。
まさにスコールといった感じ。
今朝はすっきりと晴れています。
もう雨季に入ってしまったんでしょうか?!
変な陽気ですね。

これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

今年は、まだ海に行っていません。
夏休みなのにどこにも連れて行ってもらえない子供たち、かわいそうですね。
少し考えてあげなきゃ・・・。

夏が終わってしまいます。。。

さて、昨日の続きです。

真夜中にドラムをたたく社長、本社の専務で帰国しました。
その後、新聞発表で本社の社長になったということがわかりました。
『よかったね。実力のある人だから、さすがだね。』などと所長が行っていました。
そんなある日のことです。

日曜日に買い物をしていた所長がデパートでばったりこの社長にあったそうです。
『どうしたんですか?日本では・・・?』
とお聞きしたら、
『このまえからフィリピンに戻ってきています。また遊んでくださいね。』
との答えが返ってきました。
どこかで代表の逆鱗に触れてしまったようです。
偉くなればなるほど、逆鱗に触れる機会が増えるので、ある意味仕方がないのかもしれません。
なぜ逆鱗に触れてしまったのかは、知る由もないのですが、この社長、先日からフィリピンに逆戻りです。

しかも・・・
夜勤です。

『お前は、フィリピンで夜勤でもしていろ!』
と直接言われてしまったようです。
代表とは長い付き合いのこの社長、あきらめて夜勤をしていました。

『また遊んでください。』といわれた所長、早速マージャンをセットしました。
とにかく、お金は持っている人です。
電子部品製造会社は、できたばかりの時期にボーナスを払うことができずに株で払ったことが何年かあったそうです。
その後、上場を果たし、株式はすごい値段をつけていました。
おりしも、バブルの頃、資産は億の単位になっていたのです。
インフレマージャンの始まりです。

『勝負』などといって、札束をテーブルに置くのです。
受けてたつ人が同じ額の札束をテーブルに置きます。
勝ったほうがとるというわけで、点数よりもそっちのほうが何倍もでかいのでした。
とにかくマージャンが大好きだったのです。

『土曜日の夜いかがですか?』
という問いに、返ってきた答えは、
『土曜日は仕事なので、10時頃にはいける。それまでメンバーを探してやってて!』
というものでした。
まじめに夜勤を勤めていたのです。

いろんな会社があるものですね。
(-^〇^-) ハハハハ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95799830

この記事へのトラックバック