2008年03月28日

ちょっと怖い話

今日は息子の幼稚園の卒業式に行ってきました。
早いものです。
ついこの間生まれたような気がしますが、6月には小学生です。
年をとるわけですよね。

そんなこととは関係のないちょっと怖い話です。

今日のお話はそんなに前のことではありません。
どちらかというと最近の話です。
昨日、長編を書き終えたので、今日は軽く書こうと思っています。

フィリピンでは、昔から人をはねたらややこしいので、息の根を止めてしまえ!とよく言われていました。
私も、この話は何度か聞いたことがありました。
変に生きていますと治療や入院にお金がいくらかかるかわからないので、死んでもらったほうがいいというのです。
交通事故を起こしたほうとしては、なんとなく計算としてはわからないわけでもありませんが、良心が許さないのが普通だと思います。
フィリピンは怖いところだよ!という話をするときに、よく引用していました。

3年位前のことです。
知り合いの彼女の妹が、会社から帰る途中に交通事故にあいました。
ジープニーから降りて、歩いている途中に乗用車にはねられたそうです。
カビテのちょっと奥のほうの出来事でした。

はねられて、彼女は道路に投げ出されました。
はねた車は、少しスピードを落としましたが、何事もなかったかのように走り去って行ってしまいました。
と思えたそうです。
ほんの少し後で、この車がものすごいスピードで引き返してきました。
そして、彼女に向かってきたのです。
あわててその辺の家の庭に逃げ込みました。

人をはねたら止めを刺せというのは、単なるたとえ話だと思っていたのですが、本当にそういう風にしようとするやつがいるんですね。
恐ろしい話です。
彼女は、逃げ込んだ家の人に助けられました。
幸い、ひどい怪我はしていなかったようです。
庭に逃げ込んだのを見た車は、今度こそ何事もなかったようにどこかに行ってしまったそうです。

本当に殺されると思った・・・・。
彼女は、ひどいショックを受けていました。
怖い人たちもいるものですね。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと前の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91394717

この記事へのトラックバック