2007年12月17日

睡眠薬強盗にやられた話 〜その3〜

今日は朝からとてもよい天気です。
土日と連続ゴルフでしたので、体はだいぶ疲れています。

禁煙の誓いをたててからもう半年がたちました。
最近になって、気持ちが揺らいでいます。
ちょくちょくもらいタバコをしているのです。
禁煙は3回目。
一番最初の禁煙のときは2年続きました。
2回目の禁煙は3ヶ月。
今度は6ヶ月たちましたが、崩壊の危機に直面しています。

もう少しがんばりたいと思います。

少しでもニコチンを入れてしまうとすごくつらくなるということはよくわかっているのです。
『1本くらいはいいだろう』とか、『このくらいすったうちに入らない』とか、『家ですわなきゃ大丈夫』とか・・・。
いろいろと優しく言ってくれるスモーカーの方々の誘惑についタバコに手を出してしまっています。
土曜日のラウンド中に4本すいました。
昨日は1本もすっていません。
今日行くところのお客はかなりのヘビースモーカーなので、誘惑に耐えられるかどうか自信がありません。

・・・困ったものです・・・・

前振りが長くなってしまいました。

じゃぱゆきさんが朝ごはんを用意してくれました。
ルーガオというフィリピンのおかゆです。
しょうがを細かく刻んだものが入っていました。

『家はどこだ?』と聞かれて、マカティの住所を言いました。
『一人で帰れますか?』
今、どこにいるのかさえよくわかっていません。
毎日、会社の車で外出するときは運転手がどこにでもつれていってくれます。
携帯電話がなくなってしまっているので、運転手どころか、部下の日本人にすら連絡が取れません。
優しいじゃぱゆきさんが送ってくれることになりました。

トライシクルというオートバイの脇に座席をつけた乗り物に二人で乗り込みました。
(ここはどこなんだろう・・・)
しばらく走っていくと見覚えのある風景が目に飛び込んできました。
よくいくゴルフ場に向かう角の交差点です。
ちょっとしたショッピングモールになっています。
ここでトライシクルを降りました。
ここから先はトライシクルではいけません。
高速道路に乗らなければいけないのです。

ATMで、お金をおろしました。
タクシーを見つけて、彼女と二人で乗り込みました。
心配したじゃぱゆきさんが家までついてきてくれることになったのです。
やっと家に帰れます。

無事に家に着きました。
彼女にお礼をいって、少しのお金を渡しました。
彼女は恐縮して受け取ると帰っていきました。
親切な人がいてよかったですね。

この日は日曜日です。
社長は、ゴルフの約束をしていました。
ちょうどよいことに、この日のゴルフは11時のスタートです。
時計を見たらまだ9時前です。
運転手もまだ来ていません。

少し考えました。
ゴルフにいっても大丈夫だろうか?
頭はまだ重かったのですが、だいぶすっきりしてきました。

ひどく痛むということはありません。
ドタキャンをすると一緒に行くはずのメンバーから何を言われるかわかりません。
説明して根掘り葉掘り聞かれるよりもここは何食わぬ顔でゴルフに行ったほうがいいだろうという結論を出しました。

社長は、睡眠薬強盗にあってどこかよくわからない家で一夜を過ごした次の日にゴルフにいったのです。
すごい人でした。

ただ、ゴルフのスコアはぼろぼろだったみたいです。
あたりまえですよね!



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif

posted by マニラのおぢさん at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと前の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。