2007年10月19日

逃げる女とじっと待つ男たち

記事のカテゴリを追加しようと思ったら、書いていた記事が全部消えてしまいました。
ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん

ということで、改めて書き直しです。

その頃、マニラ西警察署の署長にジェネラルリムが就任しました。
1988年のことだと思います。
時代考証をきちんとせずに、記憶だけで書いていますので、間違っていたらごめんなさい。

この人は、後にマニラ市長になった人で、この前の大統領選挙には立候補して敗れました。

リム署長は、エルミタのマビニとデルピラールの通りを『母親が子供の手をつないで歩ける通りにする』と、とんでもないことを言い出しました。
当時のこの2本の通りは、ゴーゴーバーとカラオケがひしめく大繁華街で、マニラを象徴する胡散臭い町でした。
ゴーゴーバーは昼の12時頃にはもうオープンします。
派手な化粧をしたお姉さんたちが、気のないそぶりでお客さんを誘うのですが、さすがに明るいうちは気合も入っていないようです。
それでも、店の中にはお客がいました。
クローズするのは、たいてい朝の5時です。
このあたりが静かになるのは、夜明けからお昼までの間だけでした。

ママさんのお店に所長といっていたときに、何度か『手入れ』に遭遇しました。

夜の9時ごろでしょうか。
いつものように奥の席でシーバスの水割りをちびちびやっていると、突然店の中がざわざわしてきました。
警官がやってきたのです。
この頃の『手入れ』は、決してお客には手を出しません。
・・・といっても、水着で踊っていたゴーゴーバーのほうはどうだったか知りません。
少なくても、われわれが通っていたマビニのほうのクラブでは、お客まで連れて行かれることはありませんでした。

警官が入り口で、お姉さんたちに席を立つように促します。
仕方なく、お姉さんたちが立ち上がると、彼女たちを呼んで連れて行ってしまいました。
たぶん、5〜6分の出来事だったと思います。

警官が立ち去ってしばらくすると、2〜3人のお姉さんがソファーの下から出てきました。
お客さんの足の陰に隠れて難を逃れたのです。
警官も、半分くらいは見せしめですので、席までやってきてお客に失礼な振る舞いをするまではしません。
そこまで、やったらお小遣いもらえませんもんね。

さて、大半のお客さんは帰ってしまいます。
2〜3組でしょうか?
帰らずに残っている人たちがいます。

われわれはというと、当然居残り組みです。
ママさんが、ばたばたと対策を練っているのに、所長が帰れるわけはないのでした。

こんなことが何度か続くと、待っている人たちの間で連帯感が生まれます。

『お互いあふぉですなぁ・・・』
とかいいながら、楽しい会話をするのでした。
結構、新しい友達ができたりして、退屈しなかったような気がします。

12時を回った頃、ぽつぽつとお姉さんたちが帰ってきます。

お姉さんたちは、警察署に連れて行かれると、裏庭でまたされます。
そのうち、呼ばれて名前を聞かれたりするのですが、何せ大変な数ですので、自分の番がなかなか回ってきません。
そのうち、一人二人と塀を乗り越えて逃げてしまうのです。。。
警官のほうも、逃げたお姉さんたちまでかまっていられません。
逃げたものの勝ちなのです。

この、帰ってきたときに待っているかどうかで、お姉さんたちの態度が違ってくるのでした。
待っているだけで、いたく感激するのです。
これだけのために待つのです。

やっぱりあふぉでした・・・。

わーい(嬉しい顔)



人気ブログに登録しました。
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | エルミタの昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石川遼選手も実践した
ゴルフトレーニングを開催します!

http://ameblo.jp/pcb2004/

よろしかったら遊びにいらして
下さい!
お待ちしております(^_-)-☆
Posted by 孫悟食う at 2007年10月21日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61379432

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。