2009年05月13日

だまされた。。。


このところ変な天気が続いています。

すごく暑かったと思ったら突然土砂降りの雨が降ったりして。。。
傘を持っていても、車から降りて傘を刺すまでの間にかなりぬれてしまいます。
車に乗るときも同じです。
そのあと、エアコンで冷やされるものですから。。。

そんなことが何度か続いて、とうとう日曜日に熱を出してしまいました。
熱のせいか入れ歯が痛くて装着できません。
月曜日からずっとおかゆを食べています。
ようやく熱が下がって、口の痛みもだいぶひいてきました。
おかゆも後一回でいいかな?

そういえば、今日歯医者に行くことになっていました。
夕方、入れ歯を修理に出します。
修理に3日間。
やっぱりおかゆですね。

おかゆばかりじゃ力も出ません。
やせちゃいそうですね。
(* ̄m ̄) ププッ

さて、気を取り直して昔の話です。
前回の続きです。

なぞの老人、ダイキャストの金型やさんに出資する人を見つけてきました。
あいだに立ったのは旅行代理店の社長さんです。

そうです。
以前に書いたバコロド旅行をご一緒した社長さんです。
なぞの老人の住んでいたコンドミニウムとこの旅行代理店は道路を挟んだ反対側にありました。
はじめは誰かの紹介であったらしいのですが、なぞの老人が足しげく遊びに行くようになって意気投合したようです。
話好きでお人よしの旅行代理店の社長、なぞの老人を『先生。先生。』としたっていました。

どんな話をしたのかはよくわかりませんが、旅行代理店の社長が奥様のお父さんの知り合いのスポンサーを紹介したようでした。
この方、それほどの大金持ちというわけでなく、真面目にこつこつとお金を貯めていたようです。
日本人がきちんとしている会社ならということで、出資に応じたようです。
もちろん、計算はちゃんとしていたはずだと思います。

ところが、このだらしのない社長は、相変わらずの体たらくでせっかく出資してもらったお金もあっという間にそこをついてしまいました。
もともとお客さんがはっきり決まっていたわけでもありません。
出てくれば何とかなるだろう的な発想ではこの国ではなかなかうまくいかないものです。
最初3人いた日本人もどこかにいってしまっていました。
懲りない社長、また自分の経営責任を棚に上げて追加出資をお願いしたようです。
出資者も一度は応じたような記憶がありますが、その辺は定かではありません。
それでも泣かず飛ばずの状態が続いていました。

業を煮やした出資者が金を返せと言い出しました。
当初の約束とずいぶん違う状態になってしまったので仕方のないことです。
社長のほうは、いろいろと努力をしていたようですがどうにもなりません。
そんなある日、出資者が工場を強制的にロックアウトしてしまいました。
これにはどうにもなりません。
出資者は、工場を切り売りしてでも何とか出資分を回収しようと躍起になっていたのです。
会社はすでにそういう状態にまで追い込まれてしまっていたようでした。
それまでの間に何度も話し合いがもたれたことも間違いなくあったようです。

『だまされた・・・』
社長は言いましたが、決してそうではありません。
出資者にしてみてもだまされたと思っているはずです。
フィリピンでよくだまされたという話を耳にしますけど、中にはこういうどっちもどっちというケースがあるものです。
人の話は一方からだけ聞いていたら本当のことはわかりません。
気をつけたいものですね。。。




人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。