2008年12月19日

台風の話 〜その2〜


子供たちは、昨日で期末テストが終わりました。
今日は、クリスマスパーティです。
さすがはクリスチャンの学校です。
全校あげて、クラスの中でクリスマスパーティ。
私服で登校していきました。

運転手があわてて帰ってきました。
二女が校舎の中に入れなかったそうです。
IDカードを忘れたのです。
普段の日なら、注意だけで中に入れてくれるのですが、今日は制服を着ていない日なので厳しく追い返されてしまいました。
クリスマスパーティなので、いろんな人が学校にやってくるといけないので厳しくしているとのこと。
学校に子供を預ける親の身としては、厳しくしてくれたほうがありがたいですね。
クリスマスが近くなるといろんな事件が起きますし・・・・。
二女は、ガードのところでまっているそうです。
運転手がIDカードを持って走っていきました。
あんなにたくさん、プレゼントやジュースを持っていったのに・・・。
遅刻ですね。
パーティだけの日なので、どうということはありません。

さて、昨日(?)の続きといきましょう。

いつものように工場に出勤して、いつものようにタバコが吸える会議室で打ち合わせをしていました。
打ち合わせといっても、雑談に近いものです。
出勤率が気になります。
まだ台風の被害は出ていなかったので、ほとんどの人が出勤していました。
雨はだんだん激しさを増してきました。
時折、バ〜ンとすごい音がします。
風が強くなってきたのです。

会議室から、駐車場が見えます。
駐車場までの距離は約10mくらい。
8mの取り付け道路の向こう側です。
10時頃だったでしょうか?
何気なくタバコを吸いに会議室に入りました。
『すごくなってきたね・・・・』
『ホントだ。』
見る見るうちに風雨が強くなってきました。
雨で視界がまったく利きません。
10m先の駐車場が見えなくなってしまったのです。

『おい、見てみろよ!』
電線が、風にあおられてスパークしています。
『やばくない?』
『・・・・・』
ど〜んとすごい音がして、電気が消えました。
停電です。

『大変だ!』
ローカルの従業員が飛び込んできます。
『何だ?どうしたんだ?』
とりあえず、後をついていきました。

工場に入ると屋根がめくれて、風でバタバタいっています。
めくれたところからものすごい雨が工場の中に・・・。
機械がぬれています。
従業員が一生懸命機械をカバーしようとして、シートをかけています。
ブルーシートなんてそんなに工場には置いていません。
従業員たちは、ビニールの袋に穴を開けて頭からかぶっていました。
簡易のポンチョです。
工場の中でも、雨具がないといられない状態でした。
何とか機械をカバーしましたが、だいぶぬれてしまいました。

以前にもすごい台風は何度か来ましたが、屋根が飛んだのは初めてでした。
屋根からは、滝のように雨が入り込んでいます。

ローカルの従業員に監督を頼んで、緊急会議です。
従業員を帰すべきかどうか?
もちろん、工場にいてもすることはありません。
電気が来ていないのですから・・・。
非常用の発電機は持っていましたが、屋外に設置してあり、そこまで近づけません。
発電機を回しても被害を大きくする可能性が高くなるだけだという判断で、動かすのは止めています。
今、外に出るのは危険だ。
もう少し様子を見よう。。。
そんな結論でした。

緊迫してきましたね。
この日は、本当に怖かったんですから。。。
というわけで、続きます。




人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111434163

この記事へのトラックバック