2008年08月06日

結婚手続きの話 〜その3〜


昨日、7RINという焼肉屋に行ってきました。
ここは私のゴルフ友達のお店。
このゴルフ友達、娘の同級生の男の子のお父さんでもあります。

店に入って、おくさんに『この前、娘が来たみたいで、お世話になりました。』と挨拶をしたら、最初はわからなかったようですが、『お宅の息子と一緒にきたって言ってたけど・・・』というと、『あー、2回来ましたよ。』といいました。
ちょっとまってよ。
娘は一回しか来ていないといっていました。
奥さんは、2回来ていると自信ありげです。
(どっちが本当なんだろう?)
疑惑が発生しました。

このお店、ウェートレスが夜は青いミニスカートにエプロンというメイド姿になります。
昼間はTシャツと短パンです。
一緒に行った社長が、メイド姿に大興奮。
焼肉もおいしかったですよ。
車も停めやすいし、おすすめです。
あまり高くないのもうれしい!

さて、疑惑の追及は娘が学校から帰ってきたらするとして、昔の話しに行きましょう。
それにしても、年頃ですね、
いろんなことを心配してしまいます。
うそをつく娘じゃないんで、たぶんおくさんの勘違いだと思います。

マカティ市役所での結婚は実に簡単に終わりました。
『これであなた方は夫婦です。』と判事に言われた後、書類にサインをしたら、『もう帰っていいよ。』といいます。
廊下の外には、同じようにたくさんのカップルが並んでいました。
これだけで、判事の仕事は一日終わってしまうんじゃないかというくらいです。
さすが、”バレンタインデー”ですね。

大変だったのはこの後でした。

この後、婚姻契約書を持って日本大使館に届出です。
結婚用件具備証明書を取得したときと同じように、まずは婚姻契約書の日本語訳です。
ほかには、おくさんの出生証明書、この日本語訳、私の戸籍謄本、知り合ったときの経緯書みたいなものまで書かされます。
そんなのお前の知ったことか?といいたくなりますよね。
ただ単に結婚を届け出るだけなのに、何でこんなに書類が必要なんでしょう?

大使館には窓口が3つありました。
そのころ、毎週水曜日は、日本行きのビザの受付がありません。
ビザ以外の手続きは水曜日をねらっていくのが日本人の常識でした。
その分、すいているんです。
もっとも、ビザの部屋は別だったような気がしますが・・・。

水曜日以外に大使館にいくと、ジュピター通りにずらっと列ができています。
日本行きのビザを申請するフィリピン人です。
日本人は、パスポートを見せると、この列に並ぶ必要がありません。
さすがに、大使館のセキュリティーガードは、日本人の顔を見慣れているようで、私のようなよくフィリピン人に間違えられる人でもちゃんと日本人だと見抜いてくれました。

そのころ、ダバオの領事館が日本行きのビザを簡単な審査で発給しすぎて問題になっていました。
また、偽装結婚が増えてきた時期でもあり、大使館の職員の目もかなり厳しくなっていたんだと思います。

窓口は3つあったと思います。
一番左の窓口が日本人の若い職員でした。
何の気なしに、この窓口に並んで、婚姻届の手続きを始めました。
最初は、書類の不備に始まり、すごく細かいところまで注意をし始めました。

当時、マカティはメトロマニラの一部でした。
翻訳書には、メトロマニラ市マカティと書いてあったのですが、これではダメだといいます。
メトロマニラではなく、マニラ首都圏と書きなさい。
こんな訂正が何度となくありました。
たぶん、3回くらい出なおしたと思います。

出直したときに、最初に申請した人と同じ人のほうがいいだろう、と思って同じ人のところに書類をもっていきました。
またなんやかんやと難癖をつけてきます。
この若造、申請者をいじめるので有名なヤツでした。
とにかく、申請を却下するのに快感を覚えているようです。

3回目のときに、2度目とまったく同じ書類を別な窓口に提出しました。
今度は優しそうな日本語の上手なフィリピン人のおばさんです。
あっけないくらい簡単に
『これでOKですよ。』
といわれました。
『え?いいんですか??』
思わず、聞き返しました。
このおばさんがいっていましたが、若造は日本からの出向で、意地悪で有名だったのです。
『あなたもあの人にいじめられたの?何にも問題ないんだけどね・・・』
なんだか、無駄に時間をかけてしまったようです。

受け付けた書類は、外務省を経由して、戸籍のある市町村に届けられます。
2〜3ヶ月かかりますよといわれました。
ちょうど3ヶ月くらいたったころ、日本の母親に頼んで戸籍謄本を取ってもらいました。
戸籍には、OO年2月14日、フィリピン共和国の法律に基づいておくさんと結婚、と記載されていました。

こうして、おくさんとの結婚手続きを終えたのでした。
なんだか、すごく大変だったような気がします。。。
ただ、結婚したことを届け出るだけなのにね!
(≧∇≦)/ ハハハ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませていただいています。特にラグナの某電気メーカの工場には、しばらく勤務したことがあるので特に面白かったです。一つ質問が、7RINと言う名のレストランは七輪に引っ掛けた名前でしょうか? また、差し支えなければ場所を教えていただけないでしょうか?
Posted by タンネ at 2008年08月06日 17:55
7RINというのは七輪に引っ掛けた名前ですね。
日本で作らせたという長方形の七輪でお肉を焼きます。炭も日本からだそうです。
場所は、カマゴン通り。
サウススーパーを南から来て、ボエンディアの立体交差を過ぎた次の信号を右に入って、最初の信号を右に曲がります。
しばらくいくと右手に見えてきますよ。
すごくわかりやすいので、行ってみてください。
Posted by 管理人 at 2008年08月07日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。