2008年07月30日

いつだって辞めてやる・・・


昨日はゴルフでした。
朝早く出て行って、ラウンドを終えてマッサージをして家に着いたのが夜の8時近くになってしまいました。

そんなわけで、昨日は更新をパスです。

それにしても昨日のマッサージ、下手だった。
指でグッと押す力が弱くて、手のひらで押すときの力が異様に強いので、つぼの刺激は弱くて、手のひらで押されたところが痛いという感じでした。
いつもいくマッサージ屋で、これまであまり外れはなかったのですが、昨日はいけません。
とはいえ、一緒に行った友人の話では思いっきりいびきをかいて寝ていたそうですが・・・。
(-^〇^-) ハハハハ

気分を変えて昔の話をしましょう。

工場に勤め始めて2週間もたたないうちにここを辞めたくなってしまいました。
イグレシア部長も『辞めたい。いつでも辞めてやる。』とふたことめには口にします。
こういうことを言う人っていますよね。
自分が辞めたら会社が困ると心の中で思っているんです。
大きな勘違いというしかありません。

2代目ボンボンばか社長に、『この会社を変えたい。わたしの力になってくれる人がほしい。』といわれて転職したのですが、いろいろと内情がわかってくるうちに、ばか社長の大バカぶりが見えてきました。
先代社長(つまり本人のお父さん)のやり方を継承する気はまったくありません。
それどころか、先代のやったことすべてを否定し始めたのです。
長く勤めて会社の中核を担っていて、実力のある人たちはどんどん新しい仕事を見つけて転職していきました。
こういう人たちこそ大事なのですが、2代目ボンボンばか社長には、社長の言うことを聞かない頭の古いダメ社員としか写りません。
典型的な会社がだめになるパターンですよね。
先代の義理の弟の専務は、そんなばか社長のやり方に疑問を感じながらも、2代目ボンボンばか社長を盛り立てていかなければいけないと必死で我慢していました。
ばか社長、そんなことはまったく感じていません。
相変わらず、わけのわからない指示を出して、無駄遣いを繰り返しています。

このばか社長、会社勤めをまともにしたことがありません。
先代の社長がフィリピンに工場を進出するという決意をしてばか社長を呼び寄せるまで、アメリカに留学していました。
留学というのは聞こえの良い言葉ですが、本当のところは、30過ぎまで学校もろくにいかず、アメリカで仕送りをもらって遊んでいたのです。

ばか社長が、フィリピン工場立ち上げのためにはじめてフィリピンに来てお客さんのところに挨拶に行ったとき、長いもみあげがありました。
このお客が私がもといた建設会社のお得意さんで、『工場建設の面倒を見てやってほしい。』と頼まれたのが、知り合う最初のきっかけでした。
このときに、口の悪いお客さんがばか社長の容貌を見て、『こいつはアメリカで絵を描いていたんだ。』といっていました。
しばらくは、みんなこの言葉を信じていたのですが、実はまったくのデマです。
ヒッピーのような(ヒッピーの人、ごめんなさい)格好をしていたものですから、冗談のつもりで『絵を描いていた。』といったようですが、あまりにもぴったりの雰囲気なので、みんなその気になってしまったというのが本当のところでした。

ある日社長室で話をしていたら、こんなことを言い出しました。
『私はオーナー社長です。この工場の中にある石ころひとつまで、全部私のものです。』こんなこと、口に出さなくてもわかっていますよね。
口に出さなきゃいけないところに彼の悲劇がありました。

転職というのは、一度うまくいくと怖くなくなるものです。
『何とかなるだろう。』みたいな感じで腹が据わってしまうのです。

(いつでも辞められる。。。)そんな気持ちで毎日を過ごしていました。
せめて3年くらいは働こうかな・・・とは思っていましたが。

しつこいようですが、勤め始めてまだ2週間もたっていなかったのです。
なんとも・・・・
笑うしかありませんね。。。
(≧∇≦)/ ハハハ




人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。