2008年07月17日

工場にお化けが出るんです。。。


今日から全英オープンが始まりますね。

ちょっとだけテレビで観戦していたのですが、すごいコースですね。
エルスとかミケルソンとか、7オーバーとか8オーバーとか、とっても難しそうな感じです。
個人的には、今田竜二にがんばってほしいと思っています。
ガルシアと同じ組のスタートらしいですね。
そろそろスタートしているころかも。。。

さて昔の話です。

工場には、いくつかの工程がありました。
まずは成型です。
射出成型機という機械に金型を乗せて、プラスチックの樹脂を充填します。
後はさめるのを待って出来上がりです。

この射出の速度や圧力などで、製品のでき不出来が出てきます。
もちろん、最初に標準の条件を決めるわけですが、それでも外れてしまうことがあります。
なかなか難しいものなんですね。

これが成型の工程です。

このほかに、仕上げや塗装、組み付け、検査などの工程がありました。
この仕上げの工程は、工場の南東の角にありました。
ほかの部署は交代勤務で24時間稼動していたのですが、ここだけはどうしても夜勤をやりません。
どうやらお化けが出るんだそうです。

ホワイトレディーという、全身を真っ白なドレスで包んだお化けです。
フィリピンでは定番のお化けですね。
うちのおくさんもどこかで見たなんていっています。
我が家にもいるってこの前占い師みたいなやつが言っていました。
それはともかく、工場のその場所には出るんだそうです。

仕上げの工程は、製品によっては出荷の前に必ずとおらなければならない工程です。
ここの生産能力が、ほかの部署の半分しかないわけですから当然、ここで手待ちが発生します。
ここに処理待ちの仕掛品がいつもたまっているような状態になってしまっていました。
かといって、昼間の人数を倍にするわけにはいきません。
今度はスペースが足らなくなってしまうわけです。

『神父さんを呼んで、お払いしてもらったらどうなの?』
『お払いねぇ・・・』
実は、お払いも何度もやりましたし、従業員とも何度もお話をしたそうです。
それでも誰一人として、夜勤を受けてくれなかったのです。

フィリピンの人って、こういう話すぐに信じますよね。
時々、突拍子もないことを言い出すので、危なくて仕方がありません。
まぁ、害のない話のときには、かわいいからいいのかもしれませんが。。。

結局、この工場に私が勤めていた間(5年ちょっとです)、この部署での夜勤はただの1回もありませんでした。
たぶん、今でもそうでしょう。
やれやれ・・・。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103086743

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。