2008年06月10日

ハリガネ先生の転職

今日から子供たちの学校が始まりました。
たった今、おくさんが末の男の子を送って学校から帰ってきたところです。
学校には4人そろって行きます。
『小学校1年生の最初の登校日くらいいってあげなさい。』といって送らせました。
お母さんたち、たくさん来ていたそうです。
そりゃあそうですよね。

学校が始まると道路が混みます。
スクールバスや学校の送り迎えをする車が増えるからです。
フィリピンじゃ、プライベートの学校では送り迎えが当たり前。
迎えに行かないと学校の先生が帰してくれません。
誘拐とか事故とか日常茶飯事なので、ちゃんと見ていてくれるところはありがたいですよね。
自己防衛の観点がしっかりしています。

さて、昔の話をしましょう。

転職を本気で考え始めたハリガネ先生のために一肌脱ぐことになりました。
頭に浮かんだのがOX社です。
この会社は、基本的には責任者を現地で採用することにしています。
現地に密着した人に任せないと運営がうまくいくはずがないという考え方です。
その分、本社からの管理はきついので、現地責任者の権限はずいぶん制限されます。

早速、OX社のうわばみ製造部長と連絡を取りました。
久々の登場ですね・・・・うわばみ製造部長。
同じ頃にゴルフを始めたので、『永久スクラッチ』の約束をして、『お買い物当番』の日などに平日ゴルフを一緒にしたりして、かわいがってもらっていました。
『ちょっと、ご相談したいことがありますので、お時間とってもらえませんか?』
『いいですよ。』
という会話があって、うわばみ製造部長の事務所に伺いました。

『実は、こういう人がいて御社の総務部長でいかがでしょう?』
と話を切り出します。
幸い、うわばみ製造部長は、興味を持ってくれました。
ハリガネ先生、元は大手商社のカナダ駐在員。
英語も良く話せない人の多かったOX社では、のどから手が出るほどほしい人材でした。
『一度お会いしたい。』
ということになって、日程を確認。
ハリガネ先生に連絡をしたら、手放しで喜んでくれました。
今思えば、このとき、OX社にお世話をしたのが本当に良かったのかどうかちょっと疑問も残ります。
でも、早かれ遅かれ、ハリガネ先生は転職せざるを得なかったのです。
数年後に、ハリガネ先生の会社は、工場を撤退して中国に製造拠点を移してしまったからです。
その後、いったんフィリピン工場を再開し、また撤退してしまいました。
なんとも動きの激しい会社です。
工場そのものはまだあるようですので、そのうちまた戻ってくるかもしれませんけど・・・。

うわばみ製造部長とハリガネ先生の面談は、順調に終わったようです。
『すぐに本社に上げて相談してみます。』
ということになりました。
その後、本社に呼び出されて重役面接。
細かい条件などを決めて、無事に転職は成功したのでした。
めでたし。めでたし。。。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100042148

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。