2009年10月09日

一難去ってまた一難・・・

ブログ再開します!って書いただけで、また放置気味になっています。

一昨日のことでした。
朝の4時にたたき起こされました。
泥棒に入られたのです。

塀を乗り越えて逃げようとするところをセキュリティガードが発見。
かばんの中から長女のノートPCとデジカメ、さらにポケットの中からATMカードとIDカードが出てきました。
IDカードから我が家に連絡してきたというわけです。

我が家の一員、誰も気がついていません。
そういえば犬がやたらにほえていると思ったとメードは言ってました。
なんとも平和な人たちです。

だいたい我が家、鍵なんかかけていません。
夜中に長男と二男が出歩くので、かけられないのです。
人もたくさんいるし、ビレッジの中なので今まで何もおきたことはありません。

眠い目をこすりながらセキュリティガードの詰め所へ。
犯人が後ろ手にいすに縛られています。
ほかに二人。
隣の家の工事現場で働いているワーカーです。
机の上には、かばんの中身がおいてありました。
黄色いエナメル地のかばん。
このかばんも長女のものでした。

尋問中です。
ガードの一人がシャツをめくりました。
すごい数の刺青です。
どうやら犯罪者のグループごとに紋章があって、それを体に刺青しているのだそうです。
なので、刺青を見れば、どの犯罪者グループかわかるのだそうです。
太ももと肩の辺りにそれらしい刺青がありました。

犯人は見え透いたうそを繰り返しています。
そのたびに、ボコッ!
セキュリティガードに殴られていました。
観ていてなんだかかわいそうになってしまうくらいです。

娘とおくさんを促して家に帰ることにしました。
ほかに盗られたものはなさそうですし、子供たちを起こして学校にやる時間です。
私も8時にはお客さんが迎にくることになっていました。

ガードの事務所には長男を残しておきました。
子供たちが学校に出かけたころ、長男から電話。
警察に届けるかどうか聞いてきました。
もちろん届けます。
その後、長男も付き添って近場の警察へ。

セキュリティガードの車に乗せようとした瞬間です。
犯人が後ろ手のまま逃走。
すぐにつかまってまたボコボコに。

近場の警察に行く途中です。
今度は車から飛び降りて逃走を図ったのです。
ドロボーだって言う大きな声に周りの人たちが反応。
すぐにつかまってまたボコボコにされたそうです。
警察署でとった写真には顔のところに絆創膏がありました。
なかなかしぶとい奴です。

その日の夕方長男が警察署から帰ってきました。
供述書と写真を持って帰宅です。

長男の供述書。
職業はツーリストガイド・・・・うそです。
大学を卒業して以来家でごろごろしているだけです。
要するに無職、体よく言えば求職中です。
そんなことはどうでもいいことですね・・・・すいません。

写真がもう一枚ありました。
犯人の供述でもうひとり捕まったようです。
メードに聞くと、前に隣に住んでいた韓国人のところで働いていたドライバーです。
最初に捕まっていた隣の家の建設作業員は釈放です。
どうやら彼らも被害者のよう。
270ペソあったお金が120ペソになっていたそうです。
150ペソの被害。
その分、長女の被害金額が上乗せされていました。
長女の財布には400ペソくらいしか入ってなかったそうですが、犯人の所持金は670ペソ。
供述書では全部長女のものです。
・・・得をしています。ここだけみれば・・・・

犯人は苦し紛れにいろんなことを口走っていたようです。
このドライバー、単なるとばっちりのような気もしないでもありません。

今日、長男がまた警察に出かけていきました。
盗まれたものを返してもらえるそうです。
PCがないと長女宿題もできません。
無事に帰ってくるとよいのですが・・・・。

それにしてもフィリピン人を相手に事実を確認するって難しいですね。
何がおきたんだ、どうなってるんだという問いに対して、まともな答えが返ってきません。
こっちが知りたいのは事実経過だけなのに、途中で必ず推測が入ります。
しかも、人の意見に左右されやすいときています。
途中で推測が推測を呼び、最後にはとんでもない結果になってしまっています。
推測が事実として語られていくのです。

泥棒も怖いけど、こっちのほうがずっと怖いかも・・・・
そんなことをつい思ってしまいました。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 11:40| Comment(23) | TrackBack(0) | 最近の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。