2009年03月31日

謎は深まるばかりでした。


おかげさまで入れ歯完成しました。
入れ歯ができるまでの2日間、結局おかゆを食べていました。
この入れ歯ができるまでの間に仮の入れ歯というのを作ってあったので、これを装着すれば何とか過ごせるだろうと思っていたのですが、いざ装着してものを食べてみると痛くてどうにもなりません。
いつの間にか歯茎が変わってしまっているのですね。
作った当時はぴったりしていた入れ歯ですが、いまはゆるゆるでどうにもなりません。
ポリデントをべったり付けてみたのですが、結果は同じこと。
食べている最中に外れてしまうのです。
なので、おかゆで2日間過ごしました。
いやですね。

土曜日は長女の卒業式でした。
いつの間にか大きくなったものです。
私が年をとるのは当たり前ですね。

日曜日は卒業パーティ。
私は二女と三女を釣れて魚釣りに行ってきました。
昨日の朝、起きてきた長女に『夕べ何時に帰って来たんだ?』と聞いたところ、3時という返事が帰ってきました。
『この不良娘め!』
というと、
『へへへ』
と笑っていました。
下に降りていくと、友達ふたりと朝ごはんを食べていました。
どうやら二人を家に泊めたようです。
これから大学はばらばらになってしまいます。
いつまでもよい友達でいてほしいものです。
彼女の大切な財産ですから。。。

さて、昔の話しと行きましょうか。
前回の続きです。

再会したなぞの老人の家に御呼ばれしました。
家族も一緒です。
まだ二女がよちよち歩きだったと思います。
三女はまだ産まれていません。

老人の家はマカティのレガスピビレッジのコンドミニウムの一室でした。
何階だったか忘れましたが、エレベーターを降りて一番奥の部屋でした。
ベルを鳴らすと、すぐに返事があり、なぞの老人がニコニコしながら『いらっしゃい。』といってドアを開けてくれました。
部屋は1ベッドルーム、日本風にいえば1LDKというのでしょうか?
キッチンと広いリビングがあって、奥にベッドルームがありました。
『おばちゃん、おばちゃん。』
老人がメードのような女性を呼びました。
『これがうちのおくさんです。』
メードかと思ったその女性はなんとおくさんでした。
奥から男の子が出てきました。
62歳の時にできた子供だそうです。

どうやら、メードとして雇っていたこの女性に手をつけてしまったようです。
そして、できるはずがないと思っていた子供ができてしまいました。
女性はずっと黙っていたそうです。
『下ろせ』といわれるのが怖かったんでしょうね。
気がつくとすでに下ろせない時期になってしまっていたそうです。
・・・たぶん、そんな話なんだろうと思いました。
子供は元気な男の子。
ちょうど私の長女と同じ年でした。
おくさんは私のおくさんよりも5歳くらい年上の女性。
レイテ島の出身で、見た目はともかくとても優しい方でした。
おくさんどうし、仲良く話を始めました。

うちのおくさんは、結構人見知りです。
気に入らない人とはなかなか仲良くできません。
なぞの老人のおくさんのようなシンプルな人ならOKなのです。

こうして、我が家となぞの老人家との付き合いが始まっていきました。

仲良くなっていくと、なぞの老人はますますなぞでした。
お箸をまともに使えません。
普通、はし先は小指のほうに出ますよね。
彼の場合は逆で、親指のほうにはし先が出ます。
それで器用にご飯をつかみます。
肉以外のものはほとんど食べません。

経歴はもっとなぞでした。
CIAの職員として朝鮮戦争に従軍したとかいっています。
また、UP(フィリピン大学)の教授もしていたといいます。
それはCIAの工作のひとつで仮の職業だったそうです。
どこまでが本当なのか・・・
なぞは深まるばかりでした。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

なぞの老人との再会


歯医者に行ってきました。
入れ歯の修理です。
・・・といっても壊れたのは入れ歯ではありません。
残っていた歯が、一本だめになりました。
治療の甲斐空しく、ついに帰らぬものとなってしまいました。

というわけで、入れ歯に歯を一本追加です。
今日は、型を取ってきました。

出来上がりに3日ほどかかるそうです。
水曜日に何とかしてほしいとお願いをしました。
なんとかなりそうです。

出来上がるまでの間、入れ歯がありません。
以前に使っていた仮の入れ歯を引っ張り出しました。
パンを食べてみたのですが、入れ歯が変にあたって痛い。。。
仕方がないですね。
我慢しましょう。
・・・水曜日までの辛抱です。

気を取り直して昔の話しと行きましょう。

なぞの老人が帰ってきているらしいよ。
前に勤めていた建設会社の後輩からそんな話を聞きました。
上司とそりが合わずに雇用契約を打ち切られ、逆切れしてお客のところに乗り込んでいった、あのなぞの老人です。
どうやらいったん日本に帰ったもののいい仕事も見つからず、そのままフィリピンに帰ってきていたようです。

このご老人、私の父親と同い年です。
生まれも同郷で、妙に親近感を抱いていました。
先方も同じだったようです。

私が建設会社をやめて工場勤務しているというのを聞きつけて連絡を取ってきました。
フィリピン人の教え子と一緒に建設機材のリース業を始めたそうです。
その縁で、いくつかの工場のコンサルタントをしていました。
建設会社にも席があったりして、相変わらずなぞの多い人でした。

『久しぶりですね。一度お会いしましょう。』
そんな話になって、工場にやってきました。
一緒にやってきたのがプレスの金型やさんです。
どうもこの工場の建設を老人に関係する建設会社が施工して、そのまま面倒を見ていたようです。

『いろいろと大変でした。』
副社長と二人であった時にこの社長が切り出しました。
日本の中小企業の貸付を受けるはずだったのが、途中でうまくいかなくなったりして大変な思いをしたようです。
仕事をもらえるはずだったお客からも立ち上げが伸びたために注文をもらえず。
資金繰りも厳しいような状態だったようです。
『何か仕事ないですか?』
そんなワラにもすがる思いだったんでしょう。

よく知りませんでしたが、プレスの金型とプラスチックの金型は作り方がぜんぜん違うそうです。
『うちの仕事を出して上げられればいいんだけど・・・』
こういう困った人を見ると見ていられないのが副社長。
『とりあえず工場を見せてください。』
工場はすぐそばでしたので、後日伺う約束をしました。
金属加工ですので、工作機械の種類によっては力になれるかもしれないと考えたようです。

それから数日後、なぞの老人から招待を受けました。
『一度、家に遊びに来てください。』
そういうのです。
会社が休みだった土曜日、お言葉に甘えてお邪魔しました。

そこで。。。

さて、今日はこの辺にしておきましょうか。
(ひっぱりますね)
(≧∇≦)/ ハハハ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

やはりいいものでした。


またもや更新が遅くなってしまいました。
どうにもいけませんね。

この前、年齢を感じてしまう出来事がありました。
娘とテニスをしていた時に、ボールを追いかけて転んでしまったのです。
イメージでは、簡単に追いついてきれいなバックハンドでリターン。
現実は足がもつれて転倒。。。

前のめりに倒れてしまいました。
ラケットに乗ってしまったおかげで、顔と胸を打撲。
左の乳首の脇に青あざができてしまいました。
さらに、右足も打撲。
ひざをすりむいてしまったのです。
しばらくは歩くのも足を引きずっていました。

いやはや。。。。
年をとったなあって感じですね。

火曜日、運転免許の更新に行ってきました。
申請書に身体の特徴を書く欄があります。
体つきは丸型。
肌の色は濃い目。
目の色はブラウン。
髪の色は・・・・・

はて、白髪交じりの黒は?
よくわからないので、『黒』にしておきました。
どちらかというと『ごま塩』なんですけど、そんなのはもちろんありません。

目も悪くなっていました。
初めて、『めがねを使用』と書かれたのです。
しかたないですね。

さて、昔の話しと行きましょう。
前回の続きです。

所長に電話をして、会いにいきました。
昔勤めていた事務所です。
時間は、5時を少し回った頃です。

私が採用した秘書が、飛んできました。
『久しぶり。元気ですか?いまは何しているの?・・・』
質問攻めです。
簡単に答えて、
『所長いる?』
ときくと、
『ハイ、さっきからお待ちです。』

ノックして所長室のドアを開けると懐かしい顔が笑顔で迎えてくれました。
『どーもどーも、お元気ですか?』
心なしか口調が丁寧になっています。
お客の会社にいったからって、丁寧にならなくてもいいのに。。。
そんな風に思ったような気がします。
『ご無沙汰しています。』
挨拶をしてから、簡単に話を始めました。

『そうか。。。そんなふうにいってたか。どうしたわけか、あいつが行きたがらないんだよね。』
あいつというのは現地採用の営業担当者です。
腰が軽くて、どこにでもほいほい出かけていく人が、行きたがらないというのは不思議です。
『お願いします。顔を出してくださいよ。仕事がよそに行っちゃいますよ。』
『わかった。』
『それにしてもわざわざ来てくれてうれしい。会社を辞めてからも心配してきてくれるなんて。。。』
よほどうれしかったようです。

こんな風に歓迎してくれて、私のほうもうれしく思いました。
『ご飯でも食べに行こうか?』
そのまま食事にいって、昔話に花を咲かせました。

それから・・・・。
結局、この営業担当者はお客のところにいきませんでした。
その後、社長からもう一度催促。
『どうしても行きたがらない。。。』
それでおしまいです。
いったい何があったんでしょうね。
こまったものです。




人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

突然、得意先の社長がやってきて。。。〜その1〜


ずいぶんと更新をサボってしまいました。
<(。_。)> モウシワケナイ

少し仕事が立て込んでいました。
仕事といっても明るい話ではなく、気が重くなる仕事です。
しかも、担当者に当事者意識が薄いもので、細かいところまで気を配ってあげなければなりません。
ようやく先週かたがついたというところです。
そんなわけで、ブログを更新する気力も起きず・・・
いやはや、ちょっと疲れました。
一段落着いたので、これからはちゃんと更新していこうと思います。

そんなわけで昔の話です。

ある日の午後のことでした。
接客中の副社長から呼ばれました。
社長室に入っていくと、お得意様の社長がいました。
以前の建設会社にいた頃からの知り合いで、いろいろとお世話になった人でした。
『お久しぶりです。』
と、あいさつをすると
『元気そうだね。』
といってくれました。
2代目ボンボンばか社長は、この社長が苦手だったようです。
何かにつけてきついことをいわないと気がすまない人だったのです。
そんなわけで、私がこの工場に入社することをばか社長は報告していませんでした。
といっても、狭い日本人社会、うわさはすぐに流れてしまいます。
挨拶にいってはいけないというばか社長命令が出ていたので、挨拶にもいっていません。

『この会社に入ったんだってね。』
皮肉たっぷりです。
副社長が何かと苦しい言い訳をしていました。
『まあ、とにかくこういう形ではっきりしてよかったじゃないか。』
と社長が帰った後で、副社長はいっていました。
考え方が前向きな人です。

『ところで・・・・』
社長が話を始めました。
内容は前の建設会社のことです。
社長の工場は、私が以前に勤務していた建設会社で施工しました。
その後も追加工事をいくつか受注して、建設会社にとっては大事な顧客のひとつでした。
工場にとっても大事なお得意様です。
この会社のフィリピン進出のために工場を作ったようなものでした。

最近、あなたの前に勤めていた建設会社のレスポンスが悪くて困っていると言う話でした。
その頃、お得意様の会社はだいぶ現地化がすすんでいました。
主要なポジションにフィリピン人を据えて、日本人の出向者はできるだけ少なくしていたのです。
全従業員の数から考えると、日本人の少なさは目を見張るほどでした。
建設工事というのは基本的にはローカルの会社でもできるものです。
大掛かりな改装や増築というのは少し心配ですが、そうではない限りローカルで十分です。
ところが、ローカルの会社は工期を守らないことや施工がいい加減なことで、この社長はローカル任せになってしまうことに大きな危惧を抱いていたのでした。

『お話はよくわかりました。早速連絡を取ってみます。』
『あなたの今の仕事と関係ない話で、申し訳ないがよろしく頼みます。』
こういって、社長は帰っていきました。

早速、前の会社に電話をし、所長に会いにいきました。

ちょっと長くなってきましたね。
続きます。




人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。