2009年02月22日

そのとき、すこしもあわてず・・・


また、ずいぶん更新をサボってしまいました。
楽しみにしてくださっている人、すみません。

急にばたばたとしています。
フィリピンにも不景気の波が押し寄せてきています。
対策に大わらわ。
街中では、相変わらずマンション建設がすすんでいますし、モールには人がたくさんいます。
フィリピンはそれほど影響を受けないなんていうえらい人の発言も目立ちます。
そんなはずはありませんよね。

まあ、米びつが空っぽになってから『米がない!』と騒ぎ出す人たちですから。。。
どこかの国みたいに危機感をあおりすぎるよりもいいのかもしれませんけど。

さて、昔の話しといきましょう。

工場増設の計画が出てきました。
忙しくなってきていて、お客さんの要望にこたえるには能力が足りません。
お客さんもまだまだ日本から部品を輸入しているような状態でしたので、こちらが体制を整えさえすれば、どんどん仕事を出してくれます。
敷地は、いまの工場と同じだけの建物がたつ広さが裏にあります。
そこに今の建物の半分の工場を増設したのです。

工事は、私が前に勤めていた建設会社にお願いしました。
現場担当としてやってきたのは、私が紹介して現地採用になった日本人です。
一生懸命真面目に仕事をしていて、工事を任されるまでの信頼を受けていました。
お客さんにも真面目さが前面に出て、受けがよかったのです。
副社長などは、同じ鹿児島の出身ということもあって、かなり仲良くしていました。

工事には地鎮祭とか棟上式とか、いろいろな式典があります。
まずは地鎮祭です。
これは工事関係者だけで、ごく内輪に済ませました。
社長の都合も会わなかったのだと思います。
なんといっても、そういうことの大好きな人でした。

どこかで帳尻を合わせておかないといけません。
そこで、コンクリートの基礎を打つ時にもう一度式典をすることにしました。
社長もその日にはフィリピンに来れるということでしたので、張り切っていました。
お客さんも招待して、ほんの少し正式な形です。

式典は粛々とすすんでいきました。
神父にお願いをしてお払いをしていただきます。
その後、コンクリートを少し流してある基礎の型枠の中にコインを入れていきます。
式典が終わったら、さらにコンクリートを流し込んでいくのです。
コイン入りの基礎の出来上がりですね。
式典は無事に終わりました。

その後、場所を食堂に移して食事です。
とはいっても、昼間ですので、本当の軽食です。
食堂の運営業者が飲み物をサーブしていました。

まずは社長が挨拶をしました。
自分は英語がとてもじょうずだと思っているこの2代目ばか社長は、スピーチの原稿というものを作りません。
行き当たりばったりのスピーチなのです。
しかも自分で思っているほど英語はうまくありません。
くどいのですが、聞いているほうもよく英語がわかっていないので、それほど問題にはなりません。
気分よく(もういい加減やめればいいのに・・・)というくらいしゃべって、席に着きました。
お客の偉い人の隣に座り、しばらく話をしていました。
食堂のボーイが水の入ったピッチャーを持ってやってきました。
コップに水を注ごうとしたのです。

社長の肩口からボーイが近づいてコップをとろうとしました。
手を伸ばしたそのとき!
反対側に持っていたピッチャーがかたむいて・・・
なみなみと入っていた水が社長の頭に。。。

『あっ!』と思った次の瞬間。
社長は、肩からおなかにかけてびしょぬれになってしまいました。
(さあ、どうするんだろう?)
参加者全員が注目していました。
ほとんど全員がその場面を目撃していたのです。

そして。。。

社長は、そのまま何事もなかったかのようにお客と談笑を続けていました。
廻りは大慌て。
ナプキンや付近を持ってきて社長の洋服をふいています。
社長は相変わらず話を続けていました。

そんなこともあったのです。
(≧∇≦)/ ハハハ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。