2009年02月22日

そのとき、すこしもあわてず・・・


また、ずいぶん更新をサボってしまいました。
楽しみにしてくださっている人、すみません。

急にばたばたとしています。
フィリピンにも不景気の波が押し寄せてきています。
対策に大わらわ。
街中では、相変わらずマンション建設がすすんでいますし、モールには人がたくさんいます。
フィリピンはそれほど影響を受けないなんていうえらい人の発言も目立ちます。
そんなはずはありませんよね。

まあ、米びつが空っぽになってから『米がない!』と騒ぎ出す人たちですから。。。
どこかの国みたいに危機感をあおりすぎるよりもいいのかもしれませんけど。

さて、昔の話しといきましょう。

工場増設の計画が出てきました。
忙しくなってきていて、お客さんの要望にこたえるには能力が足りません。
お客さんもまだまだ日本から部品を輸入しているような状態でしたので、こちらが体制を整えさえすれば、どんどん仕事を出してくれます。
敷地は、いまの工場と同じだけの建物がたつ広さが裏にあります。
そこに今の建物の半分の工場を増設したのです。

工事は、私が前に勤めていた建設会社にお願いしました。
現場担当としてやってきたのは、私が紹介して現地採用になった日本人です。
一生懸命真面目に仕事をしていて、工事を任されるまでの信頼を受けていました。
お客さんにも真面目さが前面に出て、受けがよかったのです。
副社長などは、同じ鹿児島の出身ということもあって、かなり仲良くしていました。

工事には地鎮祭とか棟上式とか、いろいろな式典があります。
まずは地鎮祭です。
これは工事関係者だけで、ごく内輪に済ませました。
社長の都合も会わなかったのだと思います。
なんといっても、そういうことの大好きな人でした。

どこかで帳尻を合わせておかないといけません。
そこで、コンクリートの基礎を打つ時にもう一度式典をすることにしました。
社長もその日にはフィリピンに来れるということでしたので、張り切っていました。
お客さんも招待して、ほんの少し正式な形です。

式典は粛々とすすんでいきました。
神父にお願いをしてお払いをしていただきます。
その後、コンクリートを少し流してある基礎の型枠の中にコインを入れていきます。
式典が終わったら、さらにコンクリートを流し込んでいくのです。
コイン入りの基礎の出来上がりですね。
式典は無事に終わりました。

その後、場所を食堂に移して食事です。
とはいっても、昼間ですので、本当の軽食です。
食堂の運営業者が飲み物をサーブしていました。

まずは社長が挨拶をしました。
自分は英語がとてもじょうずだと思っているこの2代目ばか社長は、スピーチの原稿というものを作りません。
行き当たりばったりのスピーチなのです。
しかも自分で思っているほど英語はうまくありません。
くどいのですが、聞いているほうもよく英語がわかっていないので、それほど問題にはなりません。
気分よく(もういい加減やめればいいのに・・・)というくらいしゃべって、席に着きました。
お客の偉い人の隣に座り、しばらく話をしていました。
食堂のボーイが水の入ったピッチャーを持ってやってきました。
コップに水を注ごうとしたのです。

社長の肩口からボーイが近づいてコップをとろうとしました。
手を伸ばしたそのとき!
反対側に持っていたピッチャーがかたむいて・・・
なみなみと入っていた水が社長の頭に。。。

『あっ!』と思った次の瞬間。
社長は、肩からおなかにかけてびしょぬれになってしまいました。
(さあ、どうするんだろう?)
参加者全員が注目していました。
ほとんど全員がその場面を目撃していたのです。

そして。。。

社長は、そのまま何事もなかったかのようにお客と談笑を続けていました。
廻りは大慌て。
ナプキンや付近を持ってきて社長の洋服をふいています。
社長は相変わらず話を続けていました。

そんなこともあったのです。
(≧∇≦)/ ハハハ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ある建設会社の駐在員 〜その5〜


結局、無理やり釣りに行ってきました。
二女と三女を連れての釣行です。
久しぶりに娘たちと一緒に大漁!・・・のはずだったのですが。。。

後悔先に立たず。。。
ひどい風と波で散々な思いをしました。
波が3mくらい。
バンカーボートが一気に叩き落されます。
一緒にいった名人は、体を投げ出されそうになり、思わず釣竿を手放してしまいました。

釣れたのはたったの3匹です。

しかも・・・・。

大事なことを忘れていました。

土曜日の朝から日曜日の昼にかけて、36時間断水するというメモが回ってきていたのでした。
土曜日の朝午前0時から・・・。
3時半に起きてシャワーを浴びたときには、水は元気よく出ていました。

つりが終わって、家に確認。
『水出てる?』
『ワラ!』
一言だけ帰ってきました。

家に着いたのは8時半。
メイドに鍋でお湯を沸かせて行水です。
なんだか情けなくなってしまいました。
やっぱり無理していくんじゃなかった。。。

結局、断水は36時間のどころではありませんでした。
水が出るようになったのが、今朝の7時。
なんと、合計55時間の断水です。
工事のための断水なのですが、パイプに穴が見つかったなんていう言い訳をテレビでしていました。
ひどい話です。
パイプに穴が開いているのは当たり前!!!
・・・なんてね。

さて、昔の話です。

現地視察の後、2〜3日たってSさんが我が家にやってきました。
『現地視察、どうでしたか?』
こうたずねると、
『とてもよかったですよ。社長も満足して帰りました。』
こういいます。
ただ、Sさんの会社としてはお金は一切出しません。
工事の協力ができるところは金が出ない範囲でやってもよろしい・・・という結論だったそうです。
Sさん、この結論に気をよくしていました。

『ホントに会員権買いませんか?絶対、儲かりますよ!』
まったくわかっていません。
『その話はもうおしまい。私は買いません!』
そういいきりました。

翌日、副社長に電話をしました。
『どうだったんですか?』
『だいぶ、気に入っちゃったみたい。』
『絶対痛い目にあいますよ。』
『そうだよね。俺もそう思う。でも、あの社長ケチだから金なんか出さないよ。心配しなくてもいいから。ちゃんといってあるし・・・』
そういっていました。

ここから先はお決まりのコースでです。
会員権は何口か売れたものの工事はいろいろな障害があって一向に先にすすみません。
着工する気配すらないのです。
やれ土地の買収がどうのこうのとか、ゴルフ場の許認可がどうとか・・・。
『S!一度帰って来い。』
本社からお呼びがかかるのにそれほどの日にちは必要ありませんでした。
夢を見てしまっているSさんは、この頃にはすでにゴルフ会員権の営業マンになってしまっていました。
他の工事はなかなかありません。
一時の投資ブームが一段落したこともありましたが、まともに工事の営業をしていないのです。

社長は、ついに見切りをつけたようです。
Sさんにもフィリピンにもです。
このまま、会社は放置。
Sさんは帰国ということになったのでした。
『結局、帰国することになりました。何とかまたこの国に帰って来たいと思います。』
また一人、フィリピン病患者の出来上がりです。

一年くらいたった後のことです。
副社長に
『Sさん、どうしているの?』
と聞くと、
『会社を辞めちゃって、自分でなんか始めたみたいだ。』
といっていました。

それからさらに半年くらいたったある日。
グリーンベルトのショッピングモールでばったりSさんに会いました。
立ち話でしたが様子を聞くと、自分で水のフィルターを販売する会社を始めたそうです。
フィリピンでもう一度がんばるんだといっていました。

その後、彼のうわさは一回も聞いたことがありません。
今頃、どこでどうしているんでしょう???



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

ある建設会社の駐在員 〜その4〜


なんだか急に忙しくなってきました。
といっても一時的なもの。
今月一杯はバタバタになりそうです。

久しく忙しさを経験していなかったので、ちょっと疲れそうです。
少し体をいたわって上げなきゃですね。
週末のつりはドタキャンしようかな???
また嫌味を言われそうですし、唯一の息抜き(最近ゴルフから遠ざかっています)なので、多少無理をしても行きたいとは思っていますが、それもままならないかもしれません。
いいのか悪いのか。。。。

気を取り直して昔の話の続きです。

Sさんが帰った後、しばらく考えていました。
さて、どうしたものでしょう?!
本人はすっかり夢を見ちゃっています。
瞳がきらきら輝いてしまっているのです。

どう考えてみても実現するとは思えません。
詐欺に引っかかるだけならまだしも、このままではSさんが詐欺師の片棒を担ぐことになってしまいます。

翌日、Sさんを私に紹介した副社長に電話をしました。
いきさつを詳しくお話して、『絶対にだまされている。』といいました。
副社長も『ちょっと考えればわかりそうなものだ。』といいます。

この人、結構フィリピンで修羅場を見ています。
仲良くなった彼女にコンドミを買ってあげて一緒に住んでいました。
やがて、この女に男ができたようで、関係がギクシャクしだしました。
嫌気が刺してきて、女を追い出そうと画策を始めたところ、敵もさるもの、とんでもない反撃に出てきました。
ある日、お兄さんと称する男がやってきて、銃を突きつけられて『お前が出て行け』と脅されたそうです。
怖い話ですね。
結局、コンドミは彼女に手切れ金代わりにくれてやったそうです。
その後も、いろいろと嫌がらせをされて、アラバンに引っ込んでしまいました。
このアラバンの家にSさんも一緒に住んでいたというわけです。

話がそれました。

副社長に日本の建設会社の社長に絶対にこの話に乗らないように注意してくれるようお願いしました。
『何をやっているんだろうね。最近、仕事が取れないので、本人もあせっているみたいだけど・・・』
そういっていました。
早速彼は日本の社長に連絡を取りました。
Sさんからすでに連絡を受けていたようで、半信半疑ながらSがいってきているからということで、検討を始めていたようです。
同じ月に現地を見に行く予定も立てていました。

副社長は、私のアドバイスを受けてそのまま話をしたようです。
社長も最初はゴルフ場建設に色気があったようでしたが、副社長の話に納得しました。
現地視察にSさんの直属の上司が来る予定になっていたのを変更して、社長自らが現地視察に出かけることにしたのです。
(このまま、放っておいたら大変なことになる。)
そう思ったのに違いありません。

Sさんは相変わらずゴルフ場のパンフレットを持って走り回っていました。
私の友人からも『こんな話知ってる?』という問い合わせが何件か来ました。
もちろん、Sさんには申し訳ありませんが、『それ、絶対おかしな話だからお金なんか出しちゃダメよ。』といっておきました。
私の知り合いで被害にあった人はいません。
第一、日本料理屋の親父はゴルフ場を本当に建設する気などひとつもありません。
会員権が2〜30口売れればそれでいいのです。
後は、姿を隠すだけ。
ほとぼりが冷めた頃にまた別な詐欺話をぶち上げて一稼ぎする・・・そんな感じだったのでしょう。

日本の社長がやってきました。
至れり尽くせりの現地視察だったそうです。
当日は、小雨模様で現地まで行くのに6時間もかかったそうです。
途中の道の脇に広がる自然はすばらしく、海もきれいでした。
これはその通りです。
私も何度かいって、自然の美しさに目を奪われた記憶があります。

現地では、下院議員と称する男が出迎えてくれました。
町の町長も一緒です。
(本物かどうかはわかりませんけど・・・・)
この国の政治家はレベルが低くて、こうした詐欺話の片棒も平気で担ぎます。
ですので、コングレスマンとかメーヤーとかいう話が出てきたら、まず疑ってかかるのがこの国の常識です。
上院議員というのは24人しかいませんので、こういう話にはまず出てきません。
下院議員は、そこらじゅうにいますので、詐欺の格好の材料なのです。

長くなってきました。
今日はこの辺で。。。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 09:37| Comment(1) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ある建設会社の駐在員 〜その3〜


4〜5日前から左腕の付け根におできができていました。
シャワーを浴びるたびに薬を塗って・・・・。

今朝、はじけました。

少しは楽になったのですが、まだ固いやつが残っています。
これ以上は痛くて絞れません。
血が出てきています。
とりあえず薬を塗って、ガーゼを貼っておきました。
たぶん、まだうみが出てシャツを汚してしまいます。

こういうのも老化現象の一つなんでしょうね。
長く人間をやっていますと、いろんなところにガタが出てくるということでしょうか?!

さて、昔の話の続きといきましょう。

その頃は、ラモス大統領の時代でした。
外国からの投資も多く、アジアのトラと騒がれていた頃です。
日本からの投資も多く、建設会社も一気に増えました。
『詐欺師はそろって建設会社をはじめるんだな。。。』
フィリピンに長い事情通の人たちがこぼした時代でもあります。
その後、こうした建設会社はみんな消えてしまいました。
日本に本社のある大手ゼネコンが進出したのもこの頃です。
今は・・・・、寂しい限りですね。

Sさん、何かのたびに我が家にやってくるようになっていました。
『こんなところに事務所を構えていちゃダメだ。』
という私のアドバイスを素直に聞いて、モンテンルパに事務所を引っ越していました。
『家賃は安いし、結構便利で悪くないですよ。一度、きてくださいよ。』
そういっていましたが、結局モンテンルパの事務所には一度も行きませんでした。
たぶん、いったらまたダメだししていたことと思います。

モンテンルパまでは我が家から30分以上かかります。
わざわざそんなところまで用事もないのにいくつもりもありませんでした。
勢い、相談事は我が家でという形になります。
よく、夕食時にやってきてはご飯を食べていきました。
『Sさん、うちでご飯食べていったよ。』
紹介者の副社長に話すと、
『すいませんね。お世話かけます。』
と、恐縮していました。

やがて、あまり我が家にやってこなくなりました。
仕事がうまくいっているというわけではなかったようですが、本人もフィリピンになれてきたようで、それまで相談にきていたことも何とか自分で解決できるようになっていたのでしょう。

『今日はいい話を持ってきました。今まで散々迷惑をかけたので、おぢさんにも少し儲けてもらおうと思って・・・・。』
久しぶりに我が家を訪問したSさんは、そういって切り出しました。
『なんかいい話でもあるの?』
私の問いかけに話し始めました。

ルソン島の東海岸にインファンタというところがあります。
マニラからはラグナ湖をぐるっと回って、山を越えて、4〜5時間かかるところです。
ルソン島の東海岸は、大きな都市もなく、開発が遅れています。
途中にある山脈が行き来を阻んでいるのです。

このインファンタにゴルフ場を作るというのです。
すでにパンフレットも出来上がっています。
パンフレットを見せてもらいました。
『この会員権を今購入すれば確実に値上がりします。
特別縁故で一口買っていただこうと思っています。』
一口80万ペソでした。
パンフレットの施工予定業者にはSさんの建設会社の名前がありました。
Sさんが顔写真入りで載っています。
ゴルフ場建設工事を請け負うつもりでいたようです。

実は、インファンタでゴルフ場を開発しようという話しは以前からありました。
マニラからそれほど遠くなく、土地が安いうえに手付かずの自然が残っています。
ただ、交通の便が悪いのです。
しかも利権が絡む何かとややこしい話があって実現しないというのが実情でした。
インファンタはそういう意味で、危ない土地だったのです。
もちろん、Sさんはそんなことは知りません。

少し話を詳しく聞いてみました。
モンテンルパで日本料理屋を経営している親父のおくさんのおじさんがインファンタ選出の下院議員だそうです。
モンテンルパの日本料理屋の親父・・・・どこかで聞いたような話です。
まず、店の名前を聞きました。
そして、本人の名前を確認したら、間違いありません。
日本人のお年寄りをだまして家と車を取り上げようとした親父です。
おくさんの親戚が下院議員というのもよくある手口です。
詐欺に間違いありません。

『ちょっとまってよ。』
話をさえぎって、この前運送業者の親方から聞いた話をしてあげました。
『その人って、こういう人だよ。まず、間違いなくだまされているよ。』
パンフレットに顔写真を載せている以上、もし開発がうまくいかなかったら、詐欺グループの一員といわれても仕方がありません。
『もっと、慎重になったほうがいいんじゃないの?』
そう、アドバイスしました。
『フィリピンに長い人で、ここで生きている以上、そういう話の一つや二つはあると思う。』
こんなことを言い出します。
『会社としては、工事を請け負うだけだから、詐欺の片棒を担ぐことにはならない。』
とも言い出します。

・・・・すっかり、だまされていました。
しばらく工事がなくて、本人もあせっていたのだと思います。
それに振って沸いたような大型プロジェクトの話です。
『そんな工事、実績もないお宅みたいな会社に施工させようということ自体おかしいでしょう?』
冷静に考えればわかりそうなものです。
『それは、私の人柄を気に入ってくれて・・・・』
本人、すでに目がきらきら輝いてしまっています。
夢を語っているのです。

『とにかく、私はそんな会員権買うつもりはありません。』
そういうと
『せっかく儲けてもらおうと思ってきたのに残念です。今買っておけば確実に値上がりするんですけど・・・』
そういって、その日は帰っていきました。

もうちょっと続きます。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。