2008年10月30日

バコロド旅行 〜その4〜


とってもよい天気になりました。
夕べ、また悩ましい相談を受けてしまいました。
それにしてもひどいはなしです。
いつか昔話になってここで書ける日が来ればよいのですが。。。

そんなわけで、続きです。

旅行代理店のご主人一家がやってきました。
一行は6名さまです。
お子様は男の子がふたりと女の子がふたり。
子供と言ってもみんなすでに10台の半ばを過ぎています。
男の子たちはズボンをお尻のところまで下ろしてはいていました。
そのころから流行だったのですね。
若い子供たちと触れ合う機会が少なかったので、はじめてみたときには奇妙なものでした。
でも、これ以来我が家の息子たちもズボンをお尻のところではくようになってしまいました。
とても仲がよくて優しい子供たちです。

男の子はみんなご主人とイニシャルが一緒、女の子はみんな奥様とイニシャルが一緒でした。
旅行代理店のご主人いわく。
飛行機のチケットは名前のイニシャルとファミリーネームが表記されます。
イニシャルが同じだったら、子供たちで使い回しができるそうです。
そんなことを考えて名前って付けるものですかね???
さすが旅行代理店って感じですね。

少しこの旅行代理店のお話をしましょう。
マニラでは老舗です。
もともとは、奥様のお父さんがやっていたお店だそうです。
奥様とは彼女が日本に留学していたときに知り合って、結婚したそうです。
上智大学だったと思います。
恰幅のよい日本語がすごく上手な奥様でした。

マカティのレガスピビレッジの通りに面したビルの1階に大きな事務所を構えていました。
オフィスには日本人の男性がひとりいて、わたしが建設会社に勤務していたころずいぶんお世話になったものです。
この旅行の2〜3年前のことだったと思います。
突然オフィスが1階から3階に移転しました。
オフィスの大きさも3分の1くらいになってしまいました。
ご主人も見かけなくなってしまったのです。
うわさでは、博打にはまってしまって巨額の借金を作ってしまい、本人は借金を返すために日本に働きに行っているということでした。
本当のところはよくわかりません。
とにかく1年くらい姿を見かけなくなったことは本当でした。

旅行代理店は、今もこの3階の小さなオフィスで営業しています。
当時と比べて日系の競争相手も増えて大変だと思います。
このとき、一緒に旅行した娘さんが店を手伝っているそうです。
最近、長いことご無沙汰してしまっていて、お会いしていません。
旅行に行かなくなってしまったものですから・・・・。

はなしを戻しましょう。
空港でカジノを見つけたご主人、『いるうちに一回行きましょう。』と言ってきました。
懲りない人です。
『いいですよ。』と返事をして、『本当に大丈夫なんですか?』と聞き返しました。
『もう大丈夫です。』
そういって、うわさの真相を話してくれました。
ちょっと信じられないようなはなしです。

次回のお楽しみということで・・・・。
続きます。
posted by マニラのおぢさん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。