2008年08月18日

車のタイヤをいっぺんに刺されて・・・


今日は一日のんびりしていました。
おくさんと子供たちは、ディビソリアにお買い物です。
学校が、フレンドシップデートかで、友達同士でギフトの交換をするそうです。
これがなかなか、人数が多いので大変です。
そんなわけで、安物買いのメッカ、ディビソリアにお買い物というわけです。

私は、というとテレビでしばしオリンピックを見ていたのですが、雲が厚いようで映りがいまひとつよくありません。
競技もあまり面白いのはやってませんね。
日本人の勝ち目がない陸上なんて見たくもないですよね。

さて、昔の話をしましょう。

工場に新しく製造部長が赴任して来ました。
まだ35くらいの若いやつで元気でした。
この元気印、パサイロードにあるカラオケの女の子にはまってしまいました。
ほとんど毎日、通うようになってしまっていたのです。

ある日のことです。
いつものようにカラオケで思いっきりお姉さんと仲良くして、帰ろうと思ったらタイヤがパンクしていました。
運転手がタイヤを交換して何とか家に帰って、翌日パンク修理です。
そんなことが何回か続いていました。

『これは絶対におかしい!』ということで、みんなの話題に・・・。
別な人間がその店にいっていろいろと話を聞いてきました。
どうやら、彼のオキニの女の子は、店のバーテンダーと付き合っていたようです。
このバーテンダー、どうもまともな人間ではありません。
おそらく薬物常用者。
彼がオキニとカラオケの席で過ごしているのをすごい目で見ていたようです。
こいつが、車のタイヤを刺した犯人でした。

事態が飲み込めた私たちは、彼にその娘と付き合うのをやめるように説得です。
舞い上がっていた彼はなかなか言うことを聞きません。
『バーテンダーの彼とは仕事の付き合いだけだ』
とか、
『もうはっきり別れた』
などという彼女の言い訳を真に受けてしまっていたのです。

(少し痛い目にあわなきゃダメかな・・・)
などとあきらめかけていたある日のことです。
本人が、もうあの店には行かないといってきました。
前の晩、タイヤを3本いっぺんにやられていたそうです。
車というのは、スペアタイヤがあるうちはいいのですが、3本もいっぺんにやられるとまったく走りません。
どうにもならなくなってしまうのです。
結局、夜中にレッカー車を呼んで車を家まで運んでもらったそうです。
本人はタクシーで帰宅です。
翌朝、運転手が駐車場でタイヤをはずして、近くの修理場に持っていきました。
パンク修理なんてあっという間ですけど・・・・。

おかげで目が覚めたようです。
タイヤが3本パンクしているのを見た瞬間って、よっぽど怖かったんでしょうね。
(-^〇^-) ハハハハ



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
posted by マニラのおぢさん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。