2008年07月23日

お葬式


昨日、初めてのサウナにいきました。
いつもの社長が一緒です。

マッサージが終わった後、社長がめがねをかけたら、変に汚れています。
おかしいと思って、レンズを拭こうとしたら、外れて落ちてしまいました。
よく見ると、フレームのねじが折れてセロテープで停めてあります。
マッサージが始まるまではそんなことはありませんでした。

そういえば、私のマッサージ嬢がマッサージの途中でちょっとの間外に出て行ってしまっていました。
しばらく放っておかれたので、おかしいなと思っていたのですが、その間に修理をしていたようです。
フロントにいて、、めがねを見せて文句を言いました。
どうやら、マッサージ台の脇のいすにタオルとめがねを置いて、気がつかずにそこに座ってしまったようです。
壊れたのは仕方がないのですが、黙ってその場を取り繕うとしたのは許せません。
思いっきり、怒っていました。
どうして、フィリピン人ってこういうのを隠そうとするんでしょうね。
正直に言ってくれればそこまで怒らないのに。。。

後味の悪いマッサージになってしまいました。
たぶん、あそこにはもう二度といきません。

サウナを出て、めがね屋に走りました。
グリーンベルトの古いめがね屋です。
ピンが折れていて、はずせないといわれました。
同じようなフレームを探して交換できないかというと、それも難しいといいます。
遠近両用の境目のないめがねなので、視界にずれが出るといいます。
そんなのは多少構いません。
ほとんど見えないわけですから。。。
店員はまったくやる気がありません。
閉店時間が近いので、早く帰りたくて仕方がないようです。
たぶん、このめがね屋ももう二度と行きません。

それにしても、フィリピン人って何でこうなんでしょうね?
自分の仕事に対する誇りや責任感などまったく感じられません。
悲しくなっちゃいますね。

さて、昨日の続きです。

私たちの知らないところで、会社とふたりの奥様の間でいろいろな話があったようです。
遺体は、フィリピンで火葬することになりました。
遺骨を分骨して、日本とフィリピンに埋めることになっったのです。

フィリピンでは土葬が一般的です。
今でこそ、火葬する家が増えてきていますが、そのころはほとんどありません。
火葬場があるんだろうか?というところからのスタートでした。
いろいろと手を尽くしてあたったところ、スーカットにあるマニラメモリアルパークという墓地の中にあることがわかりました。
ここで荼毘に付します。
この墓地にお墓も購入しました。

日本からの家族もそんなに長くフィリピンに滞在するわけにもいきません。
日本でも葬儀を執り行わなければならないのでした。

そんなわけで、なくなった翌々日、荼毘にふすことになりました。
その日、私は工場を休んでおくさんとふたりで葬儀場に向かいました。
ガダルペのロヨラメモリアルから火葬場のあるマニラメモリアルまでは、車で30分くらいの道のりです。
白バイで先導してもらって、10台以上の車が連なって墓地に向かいます。
先頭は遺体をのせた霊柩車です。
そのあとに、お花を積んだ軽トラックが続きます。
お通夜に持ち込まれたお花は、墓地まで運んでお墓の中に埋めたり、周りを飾ったりするのです。

サウススーパーハイウェーを南に向かいます。
一番左の車線を葬式用の音楽を流しながら、ゆっくり10数台の車がすすんでいきました。
スーカットの料金場を過ぎて、スーカット通りをマニラメモリアルパークに向かいました。
雨がしとしと降ってきました。。。

雨がしとしと降る墓地について、おのおの車を駐車して、火葬場にいきました。
棺が運ばれてきます。
最後のお別れです。
棺が閉じられて、火葬場の窓が開きました。
今まさに火葬場の窓の中に棺が入る瞬間、それまで気丈にも涙を見せなかったきまじめ工場長の長女が、『ダディー』と叫んで、号泣しました。
子供ながらに、病弱な母親と幼い弟の面倒を見なきゃいけないとがんばっていたんでしょう。
最期の最期にそこらじゅうに聞こえるような大きな声で泣きじゃくったのです。

今でも、思い出すたびに涙が出ます。
書いていても涙が出てきました。

こうして、きまじめ工場長とお別れしたのでした。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。