2008年07月13日

引越し

このところ、ゴルフのスコアが低迷しています。
いつも一緒のゴルフ友達が、“魚の目”を手術したため、まだ復帰できません。
練習場で、プチスイング改造に取り組んでいるのですが、なかなかうまくいきません。
練習場だとちゃんと打てるのですが、コースに出るときちんと打てなくなってしまいます。
昨日のゴルフでは、アイアンが左に左に引っかかってしまいました。

・・・どうしても引っかかる。人がいいもんで。。。

などと冗談を言っていましたが、悩みは深刻です。
たぶんフィニッシュで引っ張ってしまっているんだと思います。
これから、子供たちをつれて練習場にいこうと思っています。
たぶん、いろんなことを気にしすぎてしまっているんでしょうね。
早く直って、スイングを見てほしいものです。

さあ、気を取り直して昔の話をしましょう。

建設会社に辞表を出して、長期休暇にはいったところまでお話しました。
休暇中は、特にすることもありません。
かといって、どこかにいくというわけでもなく、生まれたばかりの二女の面倒を見ていました。
二女が生まれたのが5月9日、辞表を出したのが6月です。

7月末日付けの退社でしたので、それまでの間に新しく家を見つけて引っ越さなければなりません。
家は、今も住んでいるマガリアネスビレッジにしてほしいと会社には伝えてありました。

ある日、社長秘書から電話がかかってきました。
2代目ボンボンばか社長、社長秘書というのを雇っていました。
工場は、ラグナにあるのですが、マカティにも事務所がおいてあって、ここに社長秘書がいたのです。
そのころ、マカティとラグナでは、ぜんぜん違っていました。
今でこそ、いろんな商店やモールなどが近くにあって、普通に何でも手に入るようになっていますが、その当時はマカティまで出てこないと何も買えません。
銀行などもほとんどなく、サービスも田舎は貧弱な限りでした。
そんなわけで、マカティに連絡事務所を置いておくのがそのころの会社では一般的だったのです。

『家の候補地がリストアップできたので見に行きませんか?』という電話でした。
日時を指定して、不動産屋についてもらって家を見ました。
おくさんも一緒です。
何軒か見て回って、中に入っていろいろ調べました。
マガリアネスのほかにもサンロレンゾやベルエアなんかも見て回ったと思います。
3日くらい見たでしょうか?
ようやく気に入ったところが見つかりました。

広い敷地の平屋建てです。
子供が小さかったので、平屋のほうがいいと思いました。
部屋はベッドルームが3つ。
玄関を入ったところにものすごく広いリビングルームがありました。
バレーボールコートくらいはありそうです。
庭もついていました。

何よりも気に入ったのは、マスターベッドルームが大きくて、広いバスルームがついていたことです。
このバスルームに浴槽をつけてほしいと頼んだのです。
オーナーはどうしても貸したかったようで、工事してくれました。
このころは不動産不況で、借手市場でした。
少々のわがままは聞いてくれたのです。

この家に決めて、工事が終わるのをまっていました。
最初の話では2週間後には入居できるということでしたが、2週間たっても何の連絡もありません。
見にいくと、もう少しかかりそうでした。
結局、入居できたのは7月も後半のほうになっていました。
引越しは、会社のトラックを使って・・・ここまでは、建設会社のほうで負担してくれたのでした。

こうして新しい住まいもできて、新しい生活が始まろうとしていました。



人気ブログに登録しました。
ぽちっとお願いしますね!
左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下左斜め下
banner_02.gif
 
posted by マニラのおぢさん at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おぢさんの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。